キャンプゲーム集 ~虎の巻~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ブラインドポリゴン
準備するもの

人数分のバンダナ(目隠し出来るもの)
ロープ(20mくらい)

人数

5~10人くらい
(やる人以外に安全確保その他補助のために2~3人必要)


まずロープを結んで大きな輪を作る。

次にやる人全員でバンダナを使って目隠しをする。

補助の人は目隠しをしている人の手を引いて誘導し

円になるように配置してロープを持ってもらう。

このお互いの位置がわからない状態で輪を正方形を作る。

正方形が出来たと思ったらリーダーの合図で目隠しを取る。

見事正方形になっていたら成功。


正方形が成功したら別の形にチャレンジしてみたり

今度は声を出さないであらかじめメンバーで話し合ってやってみるのも面白いです。

このプログラムの留意点は目隠しをしているので

安全確保には気を配り危険の無いようにすること。

お互いの関係が築けている終盤の状態でやるのが望ましいので

やるタイミングを間違うと成功は難しくなります。
【2008/04/18 09:40 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
落ちた、落ちた
空から降ってくる色んなものを受け止めるゲーム。

まずはリーダーが、「落ーちた、落ちた。」と言ったら

まわりのキャンパーに「なーにが落ちた」と言ってもらう。

そしてリーダーが

「ゲンコツ」と叫ぶと、参加者は自分の手で頭を押さえる。

「リンゴ」と叫ぶと、参加者は目の前で手で受ける真似をする。

「カミナリ」と叫ぶと、参加者はオヘソを押さえる。

(カミナリさまにオヘソを盗られないように)

じょじょにスピードを上げていき、この3つ以外も混ぜて

受け止めないのも混ぜると面白い。
【2008/04/18 09:40 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
飛んだ、飛んだ
落ちた、落ちたの発展バージョンで

リーダー「飛ーんだ、飛んだ!」

キャンパー「なーにが飛んだ?」

リーダー「○△□×」

リーダーが言った「○△□×」が飛ぶと思ったら

みんなはいっせいにジャンプ!


「カラス」「ちょうちょ」「飛行機」などの飛べるものに混ぜて

「ニワトリ」「カエル」「くるま」などの飛べないものも混ぜる。


間違えると自分だけジャンプしてしまうので目立ちます。

動物や虫の他にもアニメのキャラクターとかでやっても面白い。


さらに「飛ーんだ、飛んだ!」の代わりに

「鳴ーいた、鳴いた!」に変えてその鳴き声を

みんなにやってもらうのもみんなの鳴き声が違って面白いです☆
【2008/04/18 09:39 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
もしかめグーパー
バスなどで歌にあわせて踊るゲーム。

まずは“もしもしかめよ”をみんなで歌ってみてから

その歌に振り付けをつけます。

最初に、右手をパーにして前に突き出す。

左手はグーにして胸に当てる。これが一つの動作。

次に右手をグーにして胸にあて、左手をパーにして前に突き出す。

リーダーの合図で、“もしもしかめさん”の歌に合わせて

「パー、グー」、「パー、グー」と繰り返す。

慣れてきたら少しずつスピードを上げてみましょう。

そして今度は、最初とは逆に、

右手をグーにして前に突き出し、左手はパーにして胸にあてる。

次に右手をパーにして胸にあて、左手をグーにして前に突き出す。

リーダーの合図で、“もしもしかめよ”の歌に合わせて

「グー、パー」、「グー、パー」と繰り返す


このゲームは“もしもしかめよ”以外の歌でも出来るので

いろんな歌でもやってみましょう☆
【2008/04/18 09:38 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
ぴよぴよさん
リーダーはにわとり、キャンパーはひよこになって

ひよこはにわとりのマネをしていろんなポーズをするゲームです。

リーダー「ぴよぴよさん!」

キャンパー「何ですか?」

リーダー「あんなこと、こんなことできますか?」←身振り手振りをする

キャンパー「あんなこと、こんなことできますよ!」←リーダーと同じことをやる。

・・・これを順番に繰り返していく。

最初は簡単な動作でじょじょに複雑な動作にしていくと盛り上がっていく。


*応用*

もちろん円でやらなくてもできます。

「こんなことこんなことできますか?」と身振り手振りをする時に、

リーダーがわざと大げさなポーズをとると、みんなも恥ずかしがらずに

いろんなポーズができるようになるかも。


朝の集いなどでも体を動かすのに使えるゲームです。

相手の顔が見えにくいキャンプファイヤーでやると、恥ずかしさが減って良いかも。
【2008/04/18 09:38 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
あとだしじゃんけん
「ジャンケン・ポン・ポン」の言葉に合わせて、じゃんけんをします。

最初の“ポン”でリーダーが出して、

次の“ポン”でキャンパーは指定されたもの(同じものとか勝つもの)を出します。

「ポン(リーダー)ポン(キャンパー)ポン(リーダー)……」とリズムよく続けます。



最初はリーダーと同じものを出してじょじょに勝つもの、負けるもの…。

とやっていくと流れができて盛り上がる。



これは主にバスレクでやるゲームやけども

グーのポーズ、チョキのポーズ、パーのポーズ。

とゆうように全身を使ったじゃんけんですると

ファイヤーの時にも使えるゲーム。
【2008/04/18 09:37 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
ちょうちん
リーダーが言ったちょうちんのポーズを取るゲーム。

まず最初に言葉ととポーズの練習をします。

大きなちょうちん(両手を横に広げる)

小さなちょうちん(両手を横に狭める)

長いちょうちん (両手を縦に広げる)

短いちょうちん (両手を縦に狭める)



ちょうちんの種類を覚えられたらゲーム開始。

リーダーの言った言葉にあわせてポーズをとります。

この時にリーダーもみんなといっしょにちょうちんのポーズをとります。

だんだん慣れたきたらときどき言ってるちょうちんと別のポーズを取る。

それにつられないようにみんなは正しいポーズをとる。
【2008/04/18 09:37 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
あんたがたどこさ
童謡「あんたがたどこさ」の歌に合わせて踊るゲーム。


あんたがたどこさ

肥後さ 肥後どこさ

熊本さ 熊本どこさ

せんばさ

せんば山には 狸がおってさ

それを猟師が鉄砲でうってさ

煮てさ 焼いてさ 食ってさ

それを木の葉でちょっとかぶせ


まずはみんなで円になって歌いながら右方向にジャンプします。

歌詞のさの部分だけは反対方向にジャンプします。


最初はゆっくりとジャンプしてじょじょにスピードを上げていきましょう。


このゲームの応用でさの部分で何かのポーズをしても面白い。

例:「ゲッツ」、「コマネチ」など。
【2008/04/18 09:36 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
命令ゲーム
リーダーの言った命令にみんながその行動するゲーム。

ただし命令の前に“隊長さんが言いました”と言った命令だけを行う。

例:「隊長さんが言いました。右手を上げてください」

リーダーは“隊長さん”をつけたりつけなかったりしながらいろんな命令を出す。

うまく引っかける場所をリズムを変えたり声の大きさを変えて工夫するといい。

“隊長さん”の部分を自分の名前にしてひっかけるときは

別のリーダーの名前にすると間違いやすい。


バスでやる場合は状況を判断して

「隊長さんが言いました。窓の外を見てください」

などを入れて景色などを見せて上げられるといい。
【2008/04/18 09:35 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
キャッチ
まずは全員で1重の円になって座ります。

右手で人差し指を立てて左手は親指と人差し指で輪を作ります。

右手は“1”

左手は“0”“望遠鏡”“えんとつ”などというと分かりやすい。

そして左手を胸の前にして右手は右隣の輪の中に入れる。

リーダーは、「キャーキャー……」とコールして「キャッチ!」と言ったら

右手は逃げて、同時に左手は逃げられないように捕まえる。

「キャッチ!」のかわりに「キャベツ!」や「キャラメル!」

などの違う言葉もいれると引っかかりやすい。

慣れてきたら左右を入れ替えてもいい。


単純なゲームなので「キャーキャー……」とあまり伸ばしすぎると間延びするので

途中に短めにいうのも入れていくと変化が出る。


このキャッチは色んな種類があって

指を出したり入れたりしながらやる“トントンキャッチ”

指をぐるぐるまわしながらやる“ぐるぐるキャッチ”などもあります。

他にも“ロケットキャッチ”というものもあるけどもまた別の機会に。

キャッチだけでも何種類もあるのでファイヤー以外でもけっこう時間がつぶせます。


この“キャッチ”とか“たこたぬき”“牛馬”みたいに

“たー、たー”とか“うー、うー”とかいいながらやるゲームは

どもり(言語障害)の子がキャンプにいたときに

からかったりとかを助長させるかもしれないのであまりやらなかったり

別のやり方をしているところもあります。
【2008/04/18 09:34 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
ルックアップ
グループでみんなの緊張をほぐすアイスブレイクゲーム。

まずは円になって円の中心の地面にボールか何でもいいので置いておく。

そしてリーダーが「アップ」といったらみんなは上を見る。

「ダウン」と言ったら地面に置いてあるモノを見る。

そして「ルック」といったらグループの誰かの目を見る。

このときに目と目が合ったペアは円から出て残ったメンバーで同じようにする。


最初はなかなか目と目を合わせることが恥ずかしいのでこうゆうゲームを入れて

アイスブレイクをはかります。
【2008/04/18 09:34 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
お風呂
お風呂に入ったような気分になれるファイヤーゲーム。

先にリーダーがやってその動作を真似てもらう感じでやります。

あついかな
(右手を湯船につける)

ぬるいかな
(右手を湯船から離してうしろに)

あついならかきまぜて
(右手で湯船の中のお湯をかきまぜる)

ピッピッ
(水をはらうように手を振る)

ザブーン
(ジャンプして湯船に入る)

お湯のなかではゆらゆらゆらり
(ピンクレディーのUFOのイントロのように、
              胸の前で両手を重ねて立ち上がる)

まどのそとには
(人差し指でまどわくをえがく)

おほしさま
(両手をキラキラしながらその場で一周する)


慣れたら右手でやったのを、「頭」「右足」「おしり」「あたま」と変化させたり

「外国人バージョン」、「おかまバージョン」などをやると盛りあがる。
【2008/04/18 09:33 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
薪交差
ゲームを始める前などの導入としてこのゲームをして

みんなをゲームに入りやすくする役割があります。

まずリーダーは、両手を頭の上で大きく前後に広げて構えます。

そして右手と左手を前後入れ替えます。

このとき、右手と左手が重なった瞬間にみんなは拍手を1回します。

最初はゆっくりと手を前後させて練習しましょう。

だんだんと早くしていって右手と左手が重なる寸前で止めてみたり

3,3,7拍子などのリズムをつけて拍手できるようにしたりします。

みんながのってきたところで終わって次のゲームにいきましょう。

早すぎたりしてみんなと息を合わせないと難しいので練習が必要です。

ファイヤーなどでやる場合は暗くて見えにくいかもしれないので

両手に薪を持ってやることが多いです。
【2008/04/18 09:33 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
喜怒哀楽リレー
このゲームはリーダーがひとりでもできるけども

ふたりいた方がやりやすいです。

まずはみんなに「嬉しいとき」「悲しいとき」「腹がたつとき」

どんな顔をするか練習してみましょう。

そしてグループごとに1列に並びます。


 リA

●  ▲
○  △
○  △
○  △
○  △
○  △

 リB


まずは先頭の●、▲以外は後ろを向いておきます。

そしてリーダーAが「嬉しい顔」「悲しい顔」「怒ってる顔」

のどれかの顔をします。

それを見た●、▲は後ろを向いて2番目の子の肩をたたく。

肩をたたかれた子は前を向いて先頭の子の顔を見る。

先頭の子はリーダーAがした顔を自分でもやって2番目の子に伝える。

2番目の子は同じように3番目の子の肩をたたいて顔で3番目の子に伝える。

この繰り返しで1番後ろの子まで回ってきたら手をあげて

リーダーBに回ってきた顔を見せる。この顔が正解ならばクリア☆

クリアしたら1番後ろの子は今度は列の前に行って先頭になる。

このようにしてだんだんとずれていって1番最初に全員回ったグループが優勝。


リーダーがひとりしかいないときは先頭で何かの顔をしたら

ダッシュで1番後ろに移動しないといけないので大変です。

注意点は微妙な表情だと伝わりにくいので最初に何かの顔をするリーダーは

分かりやすく大げさな顔をすること。
【2008/04/18 09:32 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャの歌に合わせて踊るゲームです。

まずは円になってだいたい半分くらいのところで

「チャチャチャグループ」と「それ以外グループ」の2グループに分けます。

歌詞の“チャチャチャ”で「チャチャチャグループ」は立ち上がって

「それ以外グループ」は座ります。

逆に歌詞の“チャチャチャ以外の部分”で「それ以外」は立ち上がって

「チャチャチャグループ」は座ります。


おもちゃのチャチャチャ

おもちゃのチャチャチャ

チャチャチャおもちゃのチャ チャ チャ 

空にきらきらお星様     (チャチャチャ)

みんなすやすや眠るころ  (チャチャチャ)

おもちゃは 箱を飛び出して  踊るおもちゃのチャチャチャ


慣れてきたらじょじょにスピードをあげたりグループを入れ替える。

あんまり続けてやると子どもたち以上にリーダーが倒れるので

適度なところで終わって次のゲームにいくのがいい。

次のゲームは座って出来るようなゲームのほうがいいかも。
【2008/04/18 09:31 】
ファイヤーゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
ドレミのうた
ドレミのうたの音階を体で表現するゲームです。


ド……左手の手のひら

レ……左のひじの内側

ミ……左の肩

ファ…右手のてのひら

ソ……右のひじの内側

ラ……右の肩

シ……両肩

ド……両手を頭の上に乗せる

レ……両手をあげる


ドはドーナツのド

レはレモンのレ

ミはみんなのミ

ファはファイトのファ

ソは青い空

ラはラッパのラ

シは幸せよ

さあ歌いましょ


ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

ド シ ラ ソ ファ ミ レ ド


ド ミ ミ

ミ ソ ソ

レ ファ ファ

ラ シ シ


ソ ド ラ ファ ミ ド レ

ソ ド ラ シ ド レ ド


どんなときでも

列を組んで

みんなたのしく

ファイトもって

空を仰いで

ららららららら

幸せの歌


ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

ド シ ラ ソ ファ ミ レ ド


ド ミ ミ

ミ ソ ソ

レ ファ ファ

ラ シ シ


ソ ド ラ ファ ミ ド レ

ソ ド ラ シ ド レ ド


最初はドレミファソラシドを覚えるために

何回か練習をしてから歌に入るようにしましょう。

2番までいくと長いので1番だけでもよい。

リーダーはしっかりと覚えて間違わないように練習しておくこと。
【2008/04/18 09:31 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
人間ちえの輪
グループ内の絆を深めたり課題を達成させるイニシアティブゲーム。


まずは6~8名程度の偶数の人数で円になる。

次にみんなに右手をあげてもらい隣の人以外の人と手をつなぐ。

全員が握手ができたら今度は左手をあげてもらって

さっきつないだ人とは別の人と握手をする。

このときに円がふたつになってたりしないかを確かめるために

誰かが1回つないでる手をギュってにぎる。

握られた人はその反対の手をギュってにぎって伝えていく。

全員の手をまわって最初に握った人に帰って来たら円が1重であるとわかる。

この状態ではみんな手がからまってる状態なので

これを元の円に戻るようにお互いに声をかけあってくぐったりまたいだりして

みんなで考えながら解いていきましょう。


注意点

ルールは手は離さないこと。

ただし途中で手がねじれた場合はつなぎかえるのはOK。

どうしても無理な場合は最初からやり直すか

1箇所だけなら離してまたつないでもOKなど状況に応じて変えましょう。

【2008/04/18 09:30 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
ヘリウム・リンク
フラフープを使ったイニシアティブゲームです。

またの名をフープ・ダウンともいいます。


まずはグループで円になります。

少人数でやると簡単なので5人以上でやるのがいいと思います。

大人数になるほどおもしろいゲームです。

円になったら人差し指だけを出してその上にフラフープを乗せます。

みんなの人差し指だけでフラフープを支えます。

そしてみんなの息を合わせながらフラフープを床まで降ろしましょう。

このときに指がフラフープから離さないように注意しましょう。

離れてしまったらまた最初からなどのルールを決めておくといい。


どうしたらうまく出来るかをグループで考えてみるといいでしょう。

指が離れてしまった人を責めないように注意しましょう。

【2008/04/18 09:29 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
フープ知恵の輪
フラフープを使ったイニシアティブゲーム

まずはグループで円になって手をつなぎます。

そしてその円の1ヶ所の手を離してそこにフラフープをいれて

人と人の間にフラフープがくるようにして2人で持つようにする。

この状態から始めてまた同じ隊形に戻るようにする。ただし条件をつけます。

「1人1回は必ずフラフープをくぐる」

「手は離さない(手がねじれる場合はつなぎかえるのはOK)」

どうすれば元の状態に戻れるか話し合いながらやるといいでしょう。

【2008/04/17 20:35 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
親指小指
指を使って簡単に遊べるゲームです。


①両手を胸の前に出して軽くにぎる。

②右手の親指と左手の小指をのばす。

③また、にぎる。

④右手の小指と左手の親指をのばす。


この動作をリズミカルに繰り返していく。

十分に練習して指が動いてきたら

「もしもし亀よ」や「かたつむり」などの歌にあわせてやると面白い。

慣れてきたら①③(握る動作)を省略してやると

もっとリズミカルなものになって面白くなる。
【2008/04/17 20:35 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
じゃんけんチャンピオン
前にリーダーが立ってリーダー対みんなでじゃんけんをする。

みんなに片方の手を上げてもらって座ったままでじゃんけん。

「勝った人」「勝った人とあいこの人」(←参加人数によって変える)だけ残り

「負けた人」は手を下ろしていく。

じゃんけんを続けていき、最後まで残った人が「チャンピオン」になる。

みんなでチャンピオンに拍手をしたり簡単な自己紹介をしてもらうとよい。
【2008/04/17 20:34 】
バスレク | コメント(0) | トラックバック(0)
リズム肩たたき
歌をうたいながら歌にあわせて左右の肩をたたいていくゲーム。


①右手で左肩を8回たたく。

②左手で右肩を8回たたく。

③右手で左肩を4回たたく。

④左手で右肩を4回たたく。

⑤右手で左肩を2回たたく。

⑥左手で右肩を2回たたく。

⑦右手で左肩を1回たたく。

⑧左手で右肩を1回たたく。

⑨胸の前で手拍子を1回する。


「肩たたき」

①母さんお肩をたたきましょ

②たんとんたんとんたんとんとん

③母さんそんなに

④いい気持ち

⑤たんとん

⑥たんとん

⑦たん

⑧とん

⑨とん


「もしもしかめよ」

①もしもしかめよ かめさんよ

②せかいのうちで おまえほど

③あゆみののろい

④ものはない

⑤どうして

⑥そんなに

⑦のろい

⑧の

⑨か


「うらしまたろう」「どんぐりころころ」など他の曲でも出来るので

いろいろためしてみましょう。
【2008/04/17 20:33 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
ラインナップ
平均台や長細い板などを用意してその上にグループで乗ります。

この上に乗ったまま、落ちないようにしてある順番に並び替えます。

最初は名前の順などにすると名前も覚えられるし確認しやすいでしょう。

どちらかを先頭と決めて、もし途中で板から落ちてしまったら最後尾までいく。

並び替えられたら確認してちゃんと並び変わってたらクリア

次に今度はしゃべらないようにして誕生日順などに並び替えてみましょう。

同じ月の場合は日が早い順に並び替えましょう。

並び替えられたら先ほどと同じようにして確認してみよう。


何度かやってみて場所を入れ替わるときにどのようにすれば入れ替わりやすいかを

みんなで話し合いながらグループの方法を見つけたり

まわりのみんなが助け合って補助できるようにするのがいいでしょう。


注意点

あまり高い平均台などを使うと危険なので安全面にも気を配りましょう。

ただ、新聞紙などを使うと落ちたかどうか分かりにくいので

多少の高さのある危なくない台を探すといいでしょう。

身体接触を伴うゲームなので、お互いの関係が強まった状況でやるのがよい。


【2008/04/17 20:32 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
魔法のじゅうたん
新聞紙やレジャーシートなどのグループみんなが乗って

少し余裕が出来る大きさのものを用意しましょう。

これを魔法のじゅうたんに見立ててその上にみんなで乗ります。

みんなが乗ると少しずつ浮いてきて地面が下のほうに見えます。

この空飛ぶ魔法のじゅうたんから落ちないように乗っているじゅうたんを裏返しましょう。

みんなが落ちずに魔法のじゅうたんを裏返せたら成功。

これもグループでどうすればうまく出来るかを考えてみましょう。

ラインナップと同じように身体接触を伴うのでやるタイミングを考えて

安全面にも十分に気を配って実施しましょう。
【2008/04/17 20:31 】
イニシアティブ | コメント(0) | トラックバック(0)
パチパチスリー
グループで輪になって遊べるゲーム。

まずは円になって誰かひとりから順番に数字を1,2,3,4…と数えていく。

3の倍数のときはその数を言わないで代わりにパチンと手をたたく。

間違わないようにリズムよく数字をゆっていきましょう。

間違えて数字をゆってしまった人が負けでその人からまたはじめる。

このときに30とか40と目標を決めておくといいです。

慣れてきたら3の倍数だけでなく3のつく数字(13,23,33)

(30、31、32……39)のときにも手をたたくようにすると面白いです。

対象年齢が低い場合はパチパチファイブぐらいにすると簡単です。

間違ってしまった子に対して他の子が責めないように気を配ることも必要です。


さらに対象年齢の高い中高生などとやる場合はこれにもうひとつルールを加えて

パチンと手をたたく時にいっしょに「チェンジ」といったら

順番が逆まわりになるというルールを加えるとさらに盛り上がる。
【2008/04/17 20:31 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
この人は誰でしょう?
自己紹介につかうと楽しいプログラムです。

まずはメンバー全員にメモ用紙を1枚ずつ配ります。

リーダーは3つの質問をしてみんなに名前とその答えをメモに書いてもらう。

(好きな色は?、自分を動物にたとえると?、兄弟は何人で自分は何番目?)

など簡単で答えやすい質問にしましょう。

全員が書けたらそのメモを集めてそのうち1枚を読み上げましょう。

みんなはそのメモを誰が書いたかを推理します。

自分が思っているイメージと他人が思っているイメージが違うので

意外な1面を見れたりするので楽しいです。
【2008/04/17 20:30 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
バンプティバンプ
グループで名前を覚えるゲームなどでみんなの名前を覚えられたら

覚えた名前を使ってできるゲーム。

まずは円になって真ん中にリーダーが立ちます。

リーダーがメンバーのうちのひとりを指差して

「あなた」「わたし」「みぎ」「ひだり」のどれかをゆっくり3回言います。

「みぎ」は自分の右にいる人の名前を

「ひだり」は自分の左にいる人の名前を

「あなた」は真ん中にいる人の名前を

「わたし」は自分の名前を

指差された人はリーダーが3回言い終わる前に言わなければならない。

間違ってしまったら真ん中にいるリーダーと交代する。

とっさに言われるとなかなか答えられないので面白いです。
【2008/04/17 20:30 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
視覚キムス
グループで記憶力をためすプログラム。

バットなどの大きくて広い入れ物とふたが出来る大きさの布を用意して

バットの中に身近なものやキャンプ場にある小さなものをたくさん入れる。

そして中身が見えないように布をかぶせておく。

中身を30秒間だけ見せてもらって中に入ってあるものをいくつ覚えられるか挑戦。

見せる前にグループで話し合いをして準備が出来てから布をあける。

30秒間たったら布をかぶせて中に何が入ってあったかを紙などに書いてもらう。

○○個以上書けたらクリアなどにするといいでしょう。

書けなかったらおまけで3秒だけ追加で見せるなどをするといい。


グループで話し合い、みんなで全部を覚えるか、場所で分けて分担して覚えるか

などグループで考えられるようにORを出来るといいでしょう。

このようなプログラムを入れると体力面で自信の無い子も活躍ができる。
【2008/04/17 20:29 】
レクリエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
鶴さん亀さん
鶴さんや亀さんのように

千年も万年も長生きしたければ

ツルツル飲まずに

よーくカメカメ

いただきます。


ごちそうさまは、「よーくカメカメ」のところを

「よ~~~く噛みました。」にするといいでしょう。
【2008/04/17 20:28 】
テーマス | コメント(0) | トラックバック(0)
みんなで手をひらいて空中を見ます。

空中に蚊がいると想像しながら飛んでる蚊を目で追いかけます。

蚊が顔の前に飛んできたときに「パチン!」

みんなでいただきます♪(ごちそうさま♪)
【2008/04/17 20:28 】
テーマス | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。